婦人

インフルエンザの症状を把握しよう|苦しむ前の対策

3種類ある病気

婦人

インフルエンザには3種類あり、冬場に流行します。A型、B型、C型とありそれぞれ高熱や関節痛、筋肉痛、また、微熱で腹痛や下痢、鼻水が多量に出る、などというふうに症状が異なります。インフルエンザの予防対策としては、加湿器の使用や食事や睡眠、爪を短くする、うがい手洗い、マスクの着用など様々あります。

詳細へ

冬に流行するあの病気

ファミリー

インフルエンザは、主に冬場にかけて流行します。インフルエンザは、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢を問わず、かかる病気です。ウイルス性なので、人から人への感染していき、流行が拡大していきます。学童期では、インフルエンザの流行により、生徒の出席が減り授業が出来なくなるため、学級閉鎖や学校閉鎖になることもしばしばです。症状としては、鼻水、くしゃみなど普通の風邪の症状にプラスして、38度以上の発熱、悪寒、頭痛、全身が筋肉痛のようになるなど様々にわたります。症状は人それぞれであり、すぐに熱が下がる方もいれば、3〜5日ほど高熱や全身倦怠感が続く方もいます。また、適切な治療を行わないと症状が悪化し、インフルエンザ脳症にかかってしまうので注意が必要です。

インフルエンザは、誰でもかかりうる病気です。ウイルス性のため、人から人へ次々に感染していきます。そのため、自分自身での予防が必要不可欠になってきます。予防といっても実際には、どうおこなったらよいのでしょうか。まずは、空気中のインフルエンザウイルスが、体の中に入ってこないように、マスクを着用することが望ましいです。マスクをすることによって、ウイルスが体に入りにくくなります。また、外出したら、きちんと石鹸やハンドソープなどで手をよく洗い、最後にアルコールなどで除菌します。手を洗える環境にない場合は、アルコール除菌だけでも効果があります。(よく公共施設などやお店などに設置されていますよね。)さらに、うがいをすることが大事です。うがいをして、口の中に入ったウイルスを外に出します。また、流行前にインフルエンザワクチンを接種しておくことも予防になるでしょう。

冬場に多い感染症

ウィルス

インフルエンザは、冬から春にかけて毎年流行する感染症であり特に飛沫感染に気をつける必要があります。症状には、高熱や嘔吐、震え、寒気などの強い症状がありますが治療薬があるので発症後二日以内に病院を受診すると対処してもらえます。

詳細へ

ウイルスによる感染症

メンズ

インフルエンザとは感染症の一種で、高熱や全身の痛み、セキや鼻水といった症状が出てきます。治るまで7〜10日ほどかかるので、多くの人が予防接種を受けています。重症化すると、脳炎や肺炎が引き起こされることもあります。防止のためには、発症後48時間以内にウイルスの増殖を抑える治療を受けることが大事です。

詳細へ