3種類ある病気|インフルエンザの症状を把握しよう|苦しむ前の対策
女性

インフルエンザの症状を把握しよう|苦しむ前の対策

3種類ある病気

婦人

予防接種での効果

インフルエンザとは普通の風邪とは違った症状が出ます。突然の発熱や関節痛、筋肉痛などを伴い、全身の倦怠感や寒気などの全身症状や、急激に症状が進行するのも特徴です。インフルエンザには3種類あります。「A型」「B型」「C型」と呼ばれるものです。それぞれ特徴があります。「A型」は高熱になりやすく、関節、筋肉痛なども伴います。「B型」は微熱、腹痛、下痢などの消化器系「C型」は鼻水などの風邪に似た症状で、微熱、一生に一度のみの感染インフルエンザの予防には予防接種がありますが、毎年どの型が流行するか予想してワクチンが製造されています。予防接種をすることで感染しても症状を軽症に抑えることも可能です。また、A型はヒトに感染すると変異しやすく、新型が生ま流行します。変異が大きい場合には既存しているワクチンが効かなくなることがあります。B型はほぼ変異しませんが、変異した場合には大流行が起きてしまいます。

家庭でできること

インフルエンザは湿度に弱く、低温や、湿度が低い場所を好むので加湿器を使用することで色々なメリットが得られます。加湿器にも様々な種類があるため、その特徴を知って使用することでインフルエンザを予防できます。ですが、あまりに湿度を高くしてしまうと、カビやダニの心配も発生します。40〜60%を目安に使用しましょう。他にインフルエンザ対策として、日常でできることもたくさんあります。自己管理をすることも予防になります。免疫力が下がらないように、食事や睡眠に気を使ったり、爪の間にウイルスが入らないよう短くする、外から帰ってきたらうがい、手洗いを徹底するなどです。特に赤ちゃんや小児、高齢者がいる家庭では、インフルエンザになると免疫力が低いため重篤化しやすかったり、合併症を引き起こしたりすることがあるので注意が必要です。また、免疫力が高い若い世代でも熱や症状が改善したからといっても、体内にウイルスが残っている場合もあるので、薬は飲み切って、熱が下がってからも2日間は外出するのを避けましょう。