冬場に多い感染症|インフルエンザの症状を把握しよう|苦しむ前の対策
女性

インフルエンザの症状を把握しよう|苦しむ前の対策

冬場に多い感染症

ウィルス

早めに病院を受診する

インフルエンザとは、冬に最も流行しやすい感染症の一つで毎年春頃まで感染が長引きます。高熱や嘔吐、寒気、震えなどの比較的強い症状が出るのが特徴となっています。インフルエンザに感染すると、すぐに症状が起きるわけではなく徐々に症状が出ることがあります。有効な治療薬があるので、発症したらすぐに病院を受診して治療を行うと早く回復して大事には至らないことが多いですが、その為には発症してから二日以内に受診する必要があります。発症してから二日以上たつと、治療薬が効かなくなるので自然治癒を待つしかないからです。急激に症状が出たら、早い段階で病院を受診すると治療薬が使えて重い症状を防ぐことが出来るようになります。

飛沫感染に気をつける

インフルエンザは、飛沫感染に気をつける必要があります。感染経路としては、感染者に直接接触することで起きることもありますが多くは感染者がくしゃみや咳をしたものを吸い込むことで感染します。飛沫感染は目に見えないので、どんな形で感染するかわかりにくいので人ごみなど不特定多数の人が集まるような場所では積極的にマスクをして手洗いうがいも習慣にします。インフルエンザは、予防接種も可能なので海外によく行く機会がある人や人ごみの中で生活することが多い人などはインフルエンザが流行る前に予防接種を受けるようにすると良いでしょう。予防接種を受けても、感染するケースもありますが予防接種をしないよりも軽症で済むことが多いです。